婦人

エラ削りを行なうことで見た目を大きく変化させよう

良い医師を見つける

看護師

エラ削りの整形をする際は、まずCTスキャンでチェックすることから始まります。CTスキャンで骨を画像化して、骨を削る際に活用するのです。画像は正確に、骨格を捉えるので施術時にはかなり重宝されます。このような高度な機械を使うので、エラ削りで失敗するリスクも低くなります。エラ削りは、皮を切り骨を削るという大きな手術です。ですから、当然ダウンタイムも長くなってしまいます。エラ削り後のダウンタイムは約1ヶ月から2ヶ月といわれているのです。この期間何にちゃんと休息をとり、傷口を癒やしましょう。手術後は一週間近く腫れや痛みがあります。腫れにかんしては、一週間を過ぎたあたりからかなりよくなってくるでしょう。痛みは、2週間も経てば、85パーセントは痛みが引くとされているのです。この痛みが完全になくなるまでにかかる時間は、約1ヶ月だとされています。エラを削った後に長期的に続くこの痛みの原因は、主に神経にあるとされています。骨にも多くの神経が通っているので、それを切ることで神経を痛めることに繋がるのです。この切断された神経を修復するまでは、痛みが継続撃に続いていきます。

手術後一週間近くは、口を開けるのですら痛いということがあります。ですから、まともにご飯を食べることができないこともあるのです。このような場合は、流動食をメインに食事をするようにしましょう。食事制限は一切ないので、好きな流動食を摂ることができます。最近では、多くの流動食がコンビニでも販売されているので、ご飯に困ることはないでしょう。エラ削りとはあまり関係はありませんが、良い食事制限にもなりダイエットにも繋がります。

エラを削る手術を受けるのであれば、美容クリニック選びが非常に重要になってきます。現在、日本には多くの美容クリニックがあり、その中にはとても優れた技術を持つ医師も多く存在するのです。しかし、優れた医師が格別に多いというわけではありません。どちらかというと、少ないといえるでしょう。全体的に考えて、優れているともいえなく、全然ダメだというほどでもない、いわば普通と呼ばれるレベルの医師の方が圧倒的に多いといえます。その中に、優れた医師が存在しているのです。また、普通レベル以下の医師もいるということを覚えておきましょう。エラを削るという大きな手術をする際は、腕の良い医師を見つけることが肝心です。